最新情報
2013-7-18 9:17:31こんなに怒り続けるのは危険ですらあります
 
  その後はさらにひどいものでした。避難用具のデモンストレーションをしているときです。私は本を読んでいました。他の人たちもそれぞれ自分のしたいことをしていました。突然、彼女は動きを止め、音声を止め、5cmヒールのバンプスをはいた足で最前列の席の乗客が読んでいる新聞を蹴ったのです!「楽しいからこのデモをしているわけじゃないのよ!」。正直、彼女の血圧を心配しました。
こんなに怒り続けるのは危険ですらあります。怒りのコントロールは一人きりで行い、人にぶつけるべきではありません。私は人と争うのは嫌いだし、けんかごしの人にはいつもうんざりします。でもいつも不安定で、ちょっとしたことですぐ敵意を表す人というのはいるものです。バーティーのときに、(何杯か飲んだあとで)「あなたは私のことを嫌っているでしょう」などと言い出す人も。
  こんなこと子どもじみているし、決していい結果はもたらしません。相手にそうなんだ、嫌いなんだと言われたらその場が気まずい雰囲気になります。そんなことはない、好きだよと言われたとしても、そんな会話は楽しくないし、無理に言っているのかもしれません。そんな質問をされた瞬間から、質間した相手を好きでなくなるでしょう。
子どもの頃に校庭で「きみは僕の親友?」と聞き合ったことがありますか?10回も聞かれたら「もう親友じゃないよー」と言いたくなったはずです。